About Tsukasa
ななめ2792.jpg

Jewellery Designs

感覚の共有がジュエリーを生み出す目的。
感じること、その心の認識により、自己に在する美を見出すことができます。

心の永遠の広がりを感じれば人は美しくなっていく。

心を拡げ、美しさを引き出すため、私はジュエリーを作り出します。

そして、感覚の共有を確認する度に、また作りたくなるのです。

ジュエリーは、歳を重ねれば重ねるほど、似合うものが増え楽しめるもの。10年前はしっくりこなかった輝きが、似合うようになります。私自身、ジュエリーがより楽しめる年代になり、輝きを纏うという視点から、作りたいと気持ちも生まれてきました。​それでもはじめてリングを作った時と、”何かを美しいと思う感覚”は変わっていないように思います。そして、Love/Simple という感覚は、日本人の心の奥底に昔からあるもののように思います。日本の感覚、日本の文化や生活に沿うデザインはどうあるべきか、考え続けています。


ビスポークジュエリーは、人と宝石を時間を超えて繋げる事が目的。
人は心によって形作られている。その人の心と、時間と、宝石を繋げることができるジュエリー。

はるか昔に地中で結晶化し、この世界に宝石として存在する偶然の重なり。石が持つ歴史を感じ、石の個性にあうデザインに、その人の今に合うジュエリーを生み出す作業。

生きるというエネルギーに輝きが増すような、時にやすらぎを、時に緊張を、時にパワーを与えるようデザイン。過去から現在、そして子や孫へ、ずっと変わらぬ形で時が重ねた思いの深さをのせ続けれるものを。

ジュエリーをデザインする、作るという事を仕事にしている使命だと、”この世界、今の時代に合うジュエリー”と”装うという事”を考え続けていきたい。

Profile

石川県金沢市出身。立命館大学法学部卒。

英国留学中にジュエリー製作を学び、職人として経験を積んだ後帰国。

現在は主にダイヤモンド製品のデザイン開発に携わる傍ら、製作活動を続ける。

2007年英国宝石学協会ディプロマ取得。

2001年 英ゴールドスミスクラフト&デザインアワード推薦賞受賞

2012年 ワールドジュエリーアワード2011大賞、優秀賞受賞

2016JJA ジュエリーデザインアワード東京都知事賞受賞

​2018JJA ジュエリーデザインアワード厚生労働大臣賞受賞,技術賞受賞

2021JJA ジュエリーデザインアワード準グランプリ​厚生労働大臣賞受賞